GRANSSET

賃貸住宅

固定資産税対策としての土地活用

【建築動機・きっかけ】
固定資産税の支払いが高額であったことから、遊休地として所有していた土地を有効活用したいと考え始めました。
広い敷地の一部を売却し、残りの敷地にアパート建築をしたいと検討されていました。

【物件のこだわりポイント】
エントランスオートロックや玄関ダブルロックなどで防犯性にも気を配りました。
2階の共用廊下まで屋根で覆って、玄関先まで雨で濡れないように工夫しました。
戸建住宅並みの大きな浴室にしたり、追焚き、カウンターキッチンなど設備も充実しています。
屋根はポラスオリジナル塗装のウルトラライト瓦を採用し、重厚感を出しました。

屋根はオリジナル瓦を採用したり、共用の階段は外壁で覆って階段室とすることでメンテナンス性も高めました。
幅広い世帯の入居者に対応できるように、1LDKと2LDKの2棟建てになっています。
オーナー様からは満室でお引渡できて本当に良かったと喜んでいただけました。

商品
New Avenir
間取り
1LDK 6世帯/2LDK 6世帯
階数
2階
竣工日
構造
木造軸組工法
敷地面積
所在地
埼玉県草加市
商品詳細