GRANSSET

賃貸住宅

区画整理の使用収益開始に合わせた土地活用

【建築動機・きっかけ】
区画整理地内で使用収益が開始されることが決まり、固定資産税の上昇が考えられることからアパート建築の検討を始めました。
お客様自身、お勤めのため、計画地の畑を耕したり手入れすることも難しい状況であったことから賃貸経営を行うことになりました。

【物件のこだわりポイント】
区画整理地のため、近隣にアパート建築が増えてきたことから、入居者も部屋探しの幅が広がるということを踏まえて、サンルームやロフト付きの特別感をプラスした建物にしました。
キッチンのカウンターは夫婦がゆっくり食事を取れる大きなカウンターを設置し、共働きで忙しい夫婦が朝ゆっくりコミュニケーションを取れる場を設けました。

お客様は区画整理地で初の使用収益開始という場所だったことから目を惹く建物にしたいと考えていらっしゃいました。
ライフラインもこれから整備されるということで区画整理とじっくり打ち合わせしながら慎重に進めて行きたいという思いもありました。
今回のお客様はご自宅も含めて過去に4棟ご建築頂いているオーナー様で、入居に関してもビル管理の信頼も厚く心配が少なかったことも当社をお選び頂いた理由の一つです。
近隣の方々や入居者に喜ばれ地域に溶け込む建物にしたいという思いで建築させて頂きました。

商品
New Avenir
間取り
1LDK・2LDK 6世帯
階数
2階
竣工日
構造
木造軸組工法
敷地面積
所在地
埼玉県朝霞市
商品詳細