木造テクノロジー

EARTHQUAKE-PROOF耐震性

Point1

お客様の安心のために
「全棟構造計算」の実施

ポラスグランテックの木造アパートは、全棟で構造計算を実施しています。現行の建築基準法では木造3階建や重量鉄骨造、鉄筋コンクリート造などに構造計算が義務付けられており、木造2階建では免除されています。ポラスグランテックでは、構造計算を行うことで優れた耐震強度を確保しながらも、敷地形状やオーナー様一人ひとりの希望にマッチした設計ができると考え、実施しています。

Point2

実大振動実験・実大ベタ基礎
実験で優れた耐震性を実証

平成7年、「ポラス剛床工法」による2階建て木造住宅に対して阪神・淡路大震災時の最大震度を再現した実大振動実験を実施。同震災クラスの直下型地震にも耐える強さを実証されました。また「ポラス暮し科学研究所」では、日本初の「実大ベタ基礎」実験を実施。ポラスの防湿ベタ基礎は、家の荷重に対して2倍以上の余裕があることが実証されました。

Point3

開放的な空間を作る
「ポラスオリジナル耐力壁」

地震に強く、なおかつ自由で開放的な間取りを作るためには、限られた壁面積で「壁倍率」をより強くした耐力壁が必要です。ポラスでは研究に基づき様々なオリジナル耐力壁やオリジナル金物を開発し、木造軸組工法の耐力壁の強度や耐震性などを競う「耐力壁ジャパンカップ」で7回も優勝を飾っています。ポラスグランテックの木造アパートでは、ポラスオリジナル耐力壁を採用し、開放的で耐震性の優れたアパートを建築しています。

ポラス暮し科学研究所へ

RELIABILITY信頼性

Point2

生産日本No.1の最新鋭
プレカット工場

ポラスの木造住宅の品質を支えているのが、生産量と高品質・高精度において日本トップクラスのプレカット工場です。木造住宅においてその品質を大きく左右するのが木材と施工能力です。ポラスでは、自社でプレカット工場を持ち、多機能木口加工機や5軸加工機などポラスオリジナルの機械を開発することにより、3次元曲線でもミリ単位の加工を実現し、高精度・高品質なプレカット材を製作。地震などの外力の影響を受けやすい躯体接合部の強度を大幅に向上させます。

ポラスのプレカット工場へ

Point2

直営一貫施工体制が生み出す
「安心・安全」

住まいが完成するまでには、研究開発・企画・設計・資材調達・加工・施工・販売・アフターメンテナンスなど、数多くのプロセスがあります。ポラスの木造住宅は、全てのプロセスをグループ内で手掛ける「直営一貫施工体制」を業界に先駆けて構築しております。この体制により各プロセスの責任の所在を明確にすることで住まいのハード・ソフトの両面に高いクオリティをもたらし、お客様に「安心と信頼」をお届けしています。

SOUND INSULATION遮音性

Point1

RC造マンションに匹敵する
床の遮音性

「ポラス暮し科学研究所」が1991年に設立して以来、こだわり続けたのがアパートの遮音性。上下階の騒音問題はアパートのクレームで最も多いものの一つです。同研究所の長年の研究の成果で、鉄筋コンクリート造マンションに匹敵する床の遮音性を実現しています。

Point2

千鳥間柱の設置で
界壁の音の伝わりを軽減

界壁の柱と柱の間に、千鳥間柱を設置する界壁工法を採用。間柱を千鳥状にずらして空間を設けることで、隣室への音や振動の伝わりを軽減しています。さらに空間層には断熱性を遮音性に優れたグラスウール吸音材を敷き詰め、快適な暮らしを実現しています。