マンションテクノロジー

低層から高層まで幅広く対応。屈強な躯体と高い性能を誇る重量鉄骨造マンション。

1. 高い資産価値を創造する安全・安心・快適な[重量鉄骨ラーメン構造]

ポラスグランテックの重量鉄骨造は、高層ビルにも採用されるなど、建築学的に非常に信頼性の高い重量鉄骨ラーメン構造です。

重量鉄骨ラーメン構造は、地震の時に大きく揺れることなく、鉄骨造特有の反復動を抑えて、人体に感じる揺れを少なくする工法です。また耐力壁を必要としないため、柔軟な空間対応力があります。大きな開口部を採ったり、室内に間仕切りの無い大空間をつくったり、敷地を最大限有効に活用したプランニングが可能となります。

外壁には、現代建築に欠かせないALCパネルを採用。ALCパネルは、建物の軽量化に貢献し、地震の影響を受けにくくします。ALCは耐火構造の認定も取得している法定不燃材です。

基礎には異形鉄筋を縦横に張りめぐらせた地震に強い鉄筋コンクリート連続布基礎を採用しています。

重量鉄骨造は、ラーメン構造、ALCパネル、鉄筋コンクリート基礎の三位一体で非常に高い耐震性能を誇ります。

2. 「二重床工法」の高い遮音性能

快適に暮らすために上下階の音を遮断することも大切な要素です。ポラスの重量鉄骨造では、コンクリートの上に防震ゴム付フリースタンパーと床パネルを組み合わせ、その上にフローリングなどの床材を置く二重床工法を採用。気になる上下階の音の伝わりを抑えます。また隣室の音もれを防ぐため、二重貼りの石膏ボードとグラスウールを使用し、遮音性を高めています。

3. 普通コンクリートの約10倍の断熱性能

夏は涼しく、冬は温かく過ごせる快適な住まいを実現するため、天井など、住まい全体を高性能断熱材ですっぽり包み込みました。また外壁に採用しているALCパネルは、内部に細かい気泡を含んでいて、熱を伝えにくくする性質があります。その結果断熱性能は、普通コンクリートの約10倍にもなります。もちろん、冷暖房コストも削減。入居者満足の賃貸住宅となります。

このページの先頭へ