TOP > 事例紹介 > 地域の活性化のため、駅前立地を店舗併用賃貸住宅で有効活用した事例

マンション

地域の活性化のため、駅前立地を店舗併用賃貸住宅で有効活用した事例

埼玉高速鉄道戸塚安行駅のロータリーに面した好立地を生かした医療テナント複合賃貸マンションの建築を行いました。
1・2階のテナントには調剤薬局、眼科、内科、リハビリテーションといった科目が入ります。

テナント併用ということで賃貸住宅部分のプライバシーを考慮し、独立したエントランスを設け、
エレベーターも2基設置、防犯カメラやエントランスオートロックドアを設置しました。

医療テナントのエントランスドアも営業時間以外はオートロックが働くシステムを導入しました。
駅前という立地上、防犯性にこだわりました。

賃貸住宅部分は、Wi:Fi無料インターネットを導入、広めのバルコニーや収納量にこだわった暮らしやすい間取りとなっております。

オーナー様は医療テナントの誘致を希望しており、希望通りのテナントを誘致できたことが
当社で建築を決めて頂いたポイントとなりました。
戸塚安行駅前の活性化に繋がればというオーナー様の思いが込められた上質な建物が完成しました。

商品 Designer's RC
間取り 1・2階:医療テナント4戸、3~5階:1LDK12戸、2LDK3戸
階数 5階建
竣工日 2018年5月
構造 鉄筋コンクリート造
敷地面積 812㎡
所在地 埼玉県川口市
商品詳細
お問い合わせ・資料請求

マンションの関連事例

実際の建物やお部屋をご覧いただけます。|モデルルーム建築中現場情報 初めての賃貸経営をしっかりサポートいたします。|よくあるお悩み・ご相談